メリットがある

野菜

ケノンが登場するまでの流れについてお話しします。まず、1986年にシミやホクロを治療するためにレーザーを用いる事で、レーザーを照射した部分の毛が生えてこなくなる事が分かりました。これが現在クリニックで主流となっているレーザー脱毛の始まりと言われています。その後、1996年に白人向けのルビーレーザーによるレーザー脱毛が開発され、翌年1997年にはアレキサンドライトレーザーによる日本人向けのレーザー脱毛器が開発されました。 そうした研究や開発が行われた結果、家庭用向け脱毛機器は2000年ごろに登場したのですが、当時はあまり効果が無く今から見るとおもちゃのような物でした。その流れを変えたのが、ケノンを販売しているエムロックが2005年に画期的な家庭用脱毛器を販売するようになり、まだまだ問題はあったものの評判となりました。そして利用者の意見を参考に改良を重ね、2012年に家庭用脱毛器のケノンが登場したのです。

ケノンはそれまでに販売された家庭用脱毛器の利用者の意見を反映して開発された新しい家庭用脱毛器です。利用者の意見を取り入れつつ開発されたのが功を奏し、そのコストパフォーマンスの良さから長期間ネットショップでのランキングでも1位を取りました。そのために既に家庭用脱毛器としては知名度も高く、男女を問わずに多くの方が利用しています。 ただ、こうした脱毛に関する技術は日進月歩であり、それで満足していたのではすぐに他の製品に負けてしまう可能性が大きいです。ケノンの開発は利用者の意見を取り入れて行われており、販売してからもカートリッジの照射回数を増やしたり、照射面積をより広くするように改善したりする事で常に努力を続けています。そうする事で高い評判を維持し続けてきたので、今後も高い人気を維持し続けると考えられます。