資金繰りに困ったら?会社の運営資金の集め方

前もって調べておこう

時間がない時に利用する

審査は簡単だと言われる

ファクタリングでも、金融機関から融資を受ける時のように審査を行います。
ですがこの時に見られるのは自分の会社ではなく、売掛先の会社です。
売掛先の会社に特に問題がなく信用できるなら、審査を通過できるので安心してください。
金融機関の審査は、こちらの会社の経営状態をチェックされます。
業績が悪化していると融資しても返済が厳しくなると判断され、審査を通過できないでしょう。

そのような会社でも、資金を得やすいのがファクタリングの特徴です。
2社間ファクタリングなら手続きがすばやく進み、申し込んだ当日や翌日には資金が手元に届きます。
さらにファクタリングは負債として扱われない面も魅力で、メリットが多いと言われています。

手数料に注目して選ぼう

注意する点は、ファクタリングを利用する時は手数料が発生するという部分です。
手数料はファクタリング業者ごとに変わるので、前もって比較し、最も安いところを見つけておくのがおすすめです。
特に2社間ファクタリングは3社間ファクタリングに比べて手数料が高いと言われるので、利用する際は金額を確認してください。

どうしても時間がない時は2社間ファクタリング、手数料を安く抑えたい時は3社間ファクタリングというように、その時の都合に合わせて使い分けるのが良い方法です。
手数料があまりにも高額な業者を利用すると、手元に残る資金が少なくなります。
それでは会社を経営する資金として足りず、再び窮地に陥ってしまうかもしれません。


この記事をシェアする